WEB順番予約はこちら

整形外科

整形外科について

整形外科

整形外科は運動器に生じた怪我や病気の診療を専門に行う診療科です。身体を動かすための関節や骨、靭帯、腱、脊髄、末梢神経などを主な対象としています。小児から高齢者まで幅広い年齢層の患者様の治療を行うので、下記のような症状がある方はお気軽にご相談ください。

このような症状の方はご相談ください

  • 肩や首に痛みや違和感がある
  • 腕が思うように動かない
  • 首や肩、肘、手などの関節が痛む
  • 腰や膝、足、背中などが痛む
  • ぎっくり腰を起こした
  • むち打ち症になった
  • 手や足がしびれる
  • 手指の筋肉などがこわばる
  • 突き指をした
  • 捻挫や骨折、打撲、脱臼など
  • 切り傷、擦り傷、やけどなどの外傷
  • など

整形外科のかかりつけ医です

当院は、地域にお勤め・お住まいの皆様の整形外科「かかりつけ医」として、患者様の信頼にお応えしていきたいと考えております。運動器の疾患の中には、早期の段階で治療しないと、なかなか治癒しにくいものもあります。「もっと早く来てくれていれば」と思うことも少なくないので、どんな些細なことでも遠慮無くご相談ください。当院では、正しい診断に早く達することを心掛けながら初期診療を行い、必要があれば、適切な専門医療機関へのご紹介をいたします。

交通事故や労災での怪我も治療します

当院では、むち打ち症や骨折、打撲をはじめ、交通事故に伴う様々な外傷や痛み、体の不調などの検査・治療を行います。事故直後には症状らしきものが見られなくても、実際には何らかの損傷を受けているケースが少なくありません。また、症状が慢性化する恐れもありますので、交通事故に遭われた際は、自覚症状が軽かったり、痛みが無かったりするようでも、一度は専門の医療機関を受診されることをお勧めします。また、当院では労働災害の治療についても扱っています。仕事中や通勤中に病気や怪我を負ったときは、お気軽にご相談ください。

整形外科で扱う主な傷病

肩関節周囲炎

肩の関節の周囲に痛みが走り、関節の動きが悪くなってしまう疾患です。50歳代に多く見られるため、五十肩とも呼ばれますが、中年以降のどの年代でも生じます。肩関節周囲炎になると、肩を動かすときに痛みが出るため、動かさないよう必要以上に安静にしている方もいらっしゃいます。しかし、関節の周囲を固定していると治癒が難しくなることもあるので、お早めに治療を受けることが大切です。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎などの椎間板には背骨をつなぐクッションの役目があります。椎間板の外壁(線維輪)が変性し内容物(髄核)が飛び出してくると、神経組織を圧迫して痛みが起こります。年を経るにつれて椎間板が変性し、損傷しやすくなるので注意が必要です。主な症状としては、腰部の強い痛み、下肢の痺れ・痛みなどがあり、腰や足に力が入りにくくなります。椎間板ヘルニアは一つの原因で起きるわけではなく、重労働や喫煙等の環境因子や遺伝因子など、様々な因子が影響し合って発症すると考えられています。痛みが強い時期には、安静にし、コルセットをつけたりします。また、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロックを行い、痛みをやわらげます。痛みが軽くなったら、牽引や運動療法を行うこともあります。それでも改善しない場合や下肢の脱力、排尿障害があるときは手術を検討します。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は骨、椎間板、靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。加齢に伴って背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靭帯が厚くなると、脊柱管が狭くなり神経が圧迫を受けるようになります。もっとも特徴的な症状は間欠性跛行です。これは背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると、太ももや膝から下にかけて痺れや痛みが生じ、歩く際に支障を来たします。重症例では排尿障害も生じます。
軽症例では脊髄神経の血流を改善する薬の投与、ブロック注射、物理療法、リハビリテーションで症状の緩和が期待できます。

重症例では物理的にトンネルを広げる必要があるため、手術を検討します。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝の軟骨が磨り減ることによって炎症や変形が生じる疾患です。炎症に伴って痛みが強まったり、膝に水が溜まったりします。初期の段階では立ち上がり、歩き始めなど動作の開始時にのみに痛み、しばらく休めば痛みは治まります。しかし、だんだんと痛みが慢性化し、正座や階段の昇り降りが困難になります。さらに進行すると、痛みがとれなくなり、膝関節の変形も目立ってきます。肥満や遺伝素因も影響しますが、このような要因が無くても、加齢に伴って起こりますので、早めに整形外科を受診することが大切です。
軽症例では内服薬、外用剤、ヒアルロン酸注射、物理療法、運動療法などで疼痛緩和と運動能力維持を目指します。
重症例では関節鏡、骨切り術、人工関節置換術などの手術を検討します。

骨粗しょう症(骨粗鬆症)

こちらをご覧ください。

院 長
荒堀 資弥(あらぼり もとや)
診療科目
整形外科・外科・リハビリテーション科
住 所
〒524-0052 滋賀県守山市大門町156
電 話
077-582-8885
アクセス
JR琵琶湖線『守山駅』西口より車で9分、徒歩約27分
杉江循環線 栄町[守山市]行
大門自治会館前バス停から徒歩2分
駐車場
当クリニック敷地内に駐車場20台あり
駐輪場
駐輪場あり
外来診療担当表
受付時間
8:30~12:00 荒堀
荒堀
荒堀
荒堀 荒堀
荒堀
15:30~19:30 荒堀
荒堀
荒堀
荒堀
  • ●日曜日の午前診は11:00まで
  • 休診日水曜日・祝祭日及び土曜日・日曜日の午後
  • 金曜日の午前の診察は医師1名のため、混雑する場合があります
  1. 玄関開錠時間は午前診察8時25分、午後診は15時25分となります。
  2. 当院は予約制ではございません。ご来院の順番に診察させて頂きます。
  3. 診療の内容によりましては、診療の順番が入れ替わる場合もございます。
    ご理解の程よろしくお願い致します。
  4. 受付後外出は可能ですが、受付終了時間までにはお戻りください。
    お戻りになられた際は受付にご連絡お願いいたします。
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 077-582-8885
  2. WEB予約