WEB順番予約はこちら

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科

スポーツによって引き起こされる外傷や病気は、一般的な整形外科の外傷とは若干異なった面があります。野球の投手ならば利き腕や肩に負担がかかりますし、サッカー選手ならば足の怪我が多く見られます。このような特性を踏まえ、本診療科では様々なスポーツ種目についての運動内容や外傷・障害の特殊性などを理解する必要があるのです。

さまざまな要素を考慮して治療します

当クリニックでは、スポーツによって障害を負われた方に対し、主訴の治療を行うだけでなく、再発予防などの対策にも取り組んでおります。例えば、運動中に捻挫をしたケースならば、十分なストレッチングや筋力強化を行い、運動時の適切な身体の動かし方などもマスターしておく必要があるからです。スポーツ外傷は、こうした再発予防策も重要となりますので、実際に怪我をされた方のみならず、今後、けがを予防して競技成績の向上を目指している方も、お気軽にご相談ください。

主なスポーツ外傷・障害

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ
  • 野球肩
  • テニス肘
  • ランナー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折 など
\スポーツ外傷を予防するには/
項目 詳細
十分なウォーミングアップ 運動前にしっかりとウォーミングアップを行います。これにより、関節や筋肉の柔軟性が高まり、運動中の激しい動きにも対応しやすくなります。
正しいフォーム 間違ったフォームでスポーツを行うと、筋肉や骨に無理な過重がかかり、筋肉損傷のリスクが高まります。そうならないよう、正しいフォームを身に着けることが大切です。
適度な水分補給 運動時は汗をかきやすくなりますので、体内の水分が失われていきます。そのため、集中力が低下し、怪我をしやすくなります。運動前の水分補給とともに、運動中も必要に応じて水分をとるようにして下さい。
適度なトレーニング 一般的には、筋肉などに負荷をかけることで運動能力が向上していきます。しかし、運動のやりすぎは、かえってトレーニング効果を下げるだけでなく、骨折などのリスクを高めてしまいます。運動中に苦痛を感じたときなどは、運動強度を下げたり、休息をとったりするようにして下さい。
運動後のクールダウン 運動を行うと、体の中には疲労物質が溜まっていきます。また、運動による負荷や衝撃により、筋肉や血管などの組織も部分的な損傷を受けているのです。こうした損傷は、代謝を高め、筋肉などを活性化する大きな効果があるのですが、適切にクールダウンさせないと、逆にスポーツ障害を引き起こしかねないのです。運動前のウォーミングアップと同様、運動後のクールダウンも忘れずに行いましょう。
院 長
荒堀 資弥(あらぼり もとや)
診療科目
整形外科・外科・リハビリテーション科
住 所
〒524-0052 滋賀県守山市大門町156
電 話
077-582-8885
アクセス
JR琵琶湖線『守山駅』西口より車で9分、徒歩約27分
杉江循環線 栄町[守山市]行
大門自治会館前バス停から徒歩2分
駐車場
当クリニック敷地内に駐車場20台あり
駐輪場
駐輪場あり
外来診療担当表
受付時間
8:30~12:00 荒堀
荒堀
荒堀
荒堀 荒堀
荒堀
15:30~19:30 荒堀
荒堀
荒堀
荒堀
  • ●日曜日の午前診は11:00まで
  • 休診日水曜日・祝祭日及び土曜日・日曜日の午後
  • 金曜日の午前の診察は医師1名のため、混雑する場合があります
  1. 玄関開錠時間は午前診察8時25分、午後診は15時25分となります。
  2. 当院は予約制ではございません。ご来院の順番に診察させて頂きます。
  3. 診療の内容によりましては、診療の順番が入れ替わる場合もございます。
    ご理解の程よろしくお願い致します。
  4. 受付後外出は可能ですが、受付終了時間までにはお戻りください。
    お戻りになられた際は受付にご連絡お願いいたします。
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 077-582-8885
  2. WEB予約